名称未設78y1

米FOMCは最大の焦点

今週はFOMC(連邦公開市場委員会)が待ち構えてますね。

【抜粋】


12日~13日の米FOMCを控えて、米追加緩和への期待感とドル安・円高進行への警戒感の綱引き状態になる可能性があるだろう。量的緩和策第3弾(QE3)まで踏み切るか、あるいは時間軸の延長にとどめるかは微妙だが、次回FOMCは日程的に米大統領選を控えて動きにくくなるため、今回の米FOMCで何らかの追加緩和に踏み切るとの見方が優勢になっている。このためドル安・円高要因として警戒されるが、米FOMCが追加緩和を決定した場合でも、外国為替市場ではかなり織り込み済みであり、ドル買い・円売り市場介入への警戒感、18日~19日の日銀金融政策決定会合での追加緩和期待も強まるため、結果的に外国為替市場への影響は限定的かもしれない。






【FOMCってなんだよ?】wikipedia=
連邦公開市場委員会(れんぽうこうかいしじょういいんかい、英語:Federal Open Market Committee、略称:FOMC)とは、アメリカ合衆国の金融政策の一つである公開市場操作(国債買いオペなどを通じて金融機関の資金需給を調節すること)の方針を決定する委員会のこと。
FOMCは、アメリカの中央銀行ともいうべきFRB(連邦準備制度理事会)の理事7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成されており、アメリカの金融政策を決定する最高意思決定機関である。定期的に約6週間ごと年8回開催される他、必要に応じて随時開催される。
声明文は、FOMC開催最終日(アメリカ東部標準時午後2時15分頃)に公表、議事要旨は政策決定日(FOMC開催最終日)の3週間後に公表され、市場関係者にとって今後のアメリカの金融政策を予想する手がかりとなる。
委員長はFRB議長、副委員長はニューヨーク連邦準備銀行総裁が務める。委員長・副委員長以外の委員は、FRBの理事全員と(ニューヨークを除く11行の)連邦準備銀行総裁の中から選ばれた4名が任にあたる。現在はFRB理事のポストに2名空席があるため、FOMC委員ポストにも2名空席がある。また、4つの連銀総裁枠については1年ごとの持ち回りで選ぶ輪番制を採っており、11行の連銀を4つのグループに分け、各グループから1人ずつ選ぶ形を採っている。
このほか、委員ではない連邦準備銀行総裁7名も会議に参加できるが、議決権は持たない。また、連銀総裁枠については、正規の委員以外に「代理委員」(英語では“Alternate Member”、日本語の定訳はない)が5名選ばれている。このメンバーには、ニューヨーク連銀総裁の代理として同連銀の第1副総裁(First Vice President)が毎年常にメンバー入りするが、それ以外の4枠については上記の4グループから1人ずつが選ばれる。現在では、前年にAlternate Memberになった連銀総裁が翌年の委員になる、というパターンが続いている。

委員長
ベン・バーナンキ(FRB議長)
副委員長
ウィリアム・ダドリー(ニューヨーク連邦準備銀行総裁)





【FRB?】
米国には、日本や英国のように中央銀行が存在せず、Fedという中央銀行システム(制度)になっています。FRBは米国の中央銀行制度の最高意思決定機関です。企業ではありません。要は、中央集権的なFRB(連邦準備制度理事会)と、地方の連邦準備銀行が並立する形となっています。地区連銀は民間企業といってもよく、出資者は管轄下の銀行です。連邦準備制度理事会は、金融政策の決定機関と調査機関であり、オペレーションは、ニューヨーク連銀など地区連銀が行なっています。FRBが連銀の総裁を承認する権限を持っています。また、FRBの理事は大統領が指名します。


FRBとは、Board of Governors of the Federal Reserve System(またはThe Federal Reserve Board)の略称で、日本語では「連邦準備(制度)理事会」と呼ばれます。FRBは1913年の連邦準備法(Federal Reserve Act)を根拠法として設立された米国の中央銀行制度の最高意思決定機関ですが、通常中央銀行そのものも指します。連邦準備理事会は、 7名の理事(うち議長 1名、副議長 1名)から構成されています。また、連邦準備理事会の下に位置するのが12の地区連邦準備銀行(地区連銀)(注)で、実際の中央銀行業務を行っています。

金融政策の手段である公開市場操作を決定するのは連邦公開市場委員会(FOMC、Federal Open Market Committee)です。FOMCは、前述の 7名の理事の他、5名の地区連銀総裁(ニューヨーク連銀総裁の他は11地区連銀からの輪番制)で構成されています。

このような米国の中央銀行制度は、総称して「連邦準備制度、Federal Reserve System」と呼ばれています。

(注)ニューヨーク連銀、アトランタ連銀、ボストン連銀、シカゴ連銀、クリーブランド連銀、ダラス連銀、カンザス連銀、ミネアポリス連銀、フィラデルフィア連銀、リッチモンド連銀、サンフランシスコ連銀、セント・ルイス連銀の12地区連銀。





QE3【Quantitative Easing program 3】?
アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)による実施が予測されている量的金融緩和政策の第3弾のこと。「Quantitative Easing program 3」の略称。通常の金融緩和策が政策金利を引き下げるものであるのに対し、QE(Quantitative Easing program)は市場に供給する資金量を増加させることで金融緩和を図るのが特徴。景気が悪化状態にある時、一般的には金利を引き下げる策が用いられるが、すでにゼロ金利の状態にある場合は、金利の引き下げにより市場に資金を流すことができないため、中央銀行が資産の買い入れを行って市場に出回る資金量を拡大するという量的緩和策がとられる。

QEの第1弾であるQE1は、2008年のサブプライム住宅ローン問題を受けたリーマンショックや世界同時株安といった金融危機が起こった際に、FRBによって2009年3月から2010年3月まで実施された。第2弾のQE2は、景気回復の促進とインフレ率低下の阻止を目的として実施され、長期金利の押し下げを狙い、2010年11月から2011年6月までの約8ヶ月間に渡って、1ヶ月あたり約750億ドルのペースで合計6000億ドルの米国債の追加購入が行われた。
QE3の実施予測には、金融緩和による景気の持ち直しに繋がるとの期待も寄せられているが、同時に過剰な資金供給により物価の上昇を招き、インフレに陥ることも懸念されている。






・・・・・・ふ~ん、

今週も頑張りませぅw(;`・ω・)wぅィィい..!!




にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

comment

FOMCを控えてレンジ状態が続いてますね~><
バーナンキあたりがQE3やっちゃうナウとかそろそろつぶやいてくれないかな。w
2012.09.11 09:32 | URL | 伊達猫 #9fpR9nnU [edit]
伊達猫さん
だらだらレンジ継続中ですね。 この静けさが嵐への序章なんです。

あのハゲにはそんなユーモアはなぃですょ。 。。
2012.09.11 16:40 | URL | クロスライン #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fxtrade193.blog95.fc2.com/tb.php/346-6bb6d494
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。