名称未設78y1

マックディーの女【前編】

『crosslineが贈る極上のFxオリジナルストーリー!
  くつろぎながらお読み下さい』


ブログランキング・にほんブログ村へ

【この物語は男と女の意地の張り合い 
 いや・・・その前に 二人の相場師の壮絶な戦いである】






第一話 ハナミズキ








その日 ひとりの男はチャートを見ながらつぶやいた










「なかなかボラがひろがらないな... これじゃメシもくえねぇ
 100じゃたりないんだよ  せめて250・動いてくれないものかね」










カチャッ  



「リョウ! ちょっと、てつだってよ」



「あ~?」




「はやく!」




「やれやれ・・・・・・ なんだよ  おまえまた、こんなに服買ってきやがって
 いったいいくら稼いでるんだよ」




「ふふん♪ アナタとは腕がちがうのよ」



「言ってくれるぜ  だれがお前にトレードおしえたと思ってるんだ?」



「それはもう、過去の話でしょ?  それにアタシはもう自分の取引スタイルを確立してるのよ
 あなたとは違うスタイルを♪」




「はいはい、 お嬢様はやっぱちがうね! こんどおれにも稼げるトレードを教えてくださいよ」



「なにいってるの アタシがおしえようとしてもあなたが聞かないんじゃない、 
 おれにはおれのやり方があるって」




「どうせ、俺のやりかたは古いって言うんだろ? ほっといてくれ」



「ならいいけど...!」



・・・・・・・・・・・・
この二人はふたりともトレーダー、 もちろん仕事はしていない
どうやら同棲しているようだ 







第二話 火花










「ふわ~  よくねたな...、 おーぃ 冴子!」


・・・・・


「あいつ・・またトレードルームか」









カチャッ


「あら..! リョウ、きょうはいつもよりはやいのね」



「あさから精がでるねぇ  指標チェックか?」


「指標にトレードなかまとの情報交換  それと、 EAをNYクローズにあわせた数値にかえてるのよ」


「お得意のシステムか  昨日のはぶりのいい買い物といい、先月いくら相場様からぬいたんだよ?」



「・・・・たったの800ピプスよ」


「ほう・・!  パーセンテージは?」


「140%ってとこかしら?」



「・・・・・・・おまえ、 そんなトレード続けてたら いつか痛い目みるぞ」


「それ、妬み?」



「あたしのつくったシステムは優秀なのよ MACDを改良してより正確なサインがでるようにしてる
 それに指標に照準を合わせ瞬間反応するプログラムも組み込んでるわ」




「指標ハンターに改良版MACDか・・・  おれの仲間はおまえのことを皆マックディーの女ってよんでるぜ」




「光栄ね」




「でも、言っておく いずれシステムで計算できない相場は必ずくる..!  
 そのとき火傷しないようにしておくんだな」




「ふ~ん、 アタシに警告なんてできる身分なんだ? 
 そこまで言うなら アタシとトレード勝負してみる?」












第三話 まくあけ









「いいだろう  しかし、俺はスイングトレーダー おまえは短期派  短期だと俺は不利になる
 条件は俺がきめるけど それでもいいか?」

 



「いいよ! アタシのシステムちゃん優秀だし~♪」




「証拠金は互いに¥500万 期間は3カ月 3か月後に証拠金がより多く増えてたほうの勝ちだ
 おまえはシステムでも裁量でもかまわない 俺は裁量一本でいく どうだ?」




「オッケー♪公平を期す為にトレードルームでふたりともトレードするってのはどうかしら?
 どうせ二人とも手の内は知れてるわけじゃない?」





「問題ない、 他に条件はあるか」




「・・・・そうね、  負けた方は勝者の言う事をなんでもきく...! ってのはどう?
 リョウ あなたが負けたらアタシがつくったEAを大々的に宣伝してもらうわ  裁量一筋でここまでやってきた
 あなたが言うなら皆飛びつくでしょ?  リョウの人脈をもってすれば容易いことじゃない?」





「そんなつまらないことか  いいぜ! おまえが勝てばの話だけどな
 俺が勝ったらお前にトレードをやめてもらう・・!  そして、ふつーの女にもどれ」





「いいわよ! リョウのトレードじゃ、アタシには勝てないわ」



「・・・・・ふん」













第四話  質の問題























翌日から二人はトレードを開始した 
二人の言うトレードルームは マンションの一室をトレード専用ルームにしてる部屋のことだ
かつてリョウが揃えたパソコン4台 モニター数台  今ではその四分の三を冴子が使っている







ガチャ..!




「さぁーって、じゃ ぼちぼちやりますかねぇ 冴子お嬢さん! っと」



「お・・!すごいな もう、530に増えてるじゃないか  今朝動いたのか?」



「NZよ 今朝指標であがってるわ 」




(お手並み拝見といくか....!)








リョウは自分のパソコンを立ち上げることなく冴子の見ているチャートを監視している
トレードする気はまったくないようだ
冴子のモニターは計5台 ノートも入れるとパソコンは3台も起動させている
パソコン2台でシステムを起動させもう一台で海外の情報サイトでトレードの情報を集めている
彼女の特徴はシステムトレーダーでありながら裁量トレードもこなせるところにある
システムにまかせてるのは本人曰く、「めんどくさいから」だそうだ
ちなみにこの女 法人化してハイレバ運用している

いっぽうのリョウはお気に入りのMac1台、 トレードどころかふだんはネットゲームにはまっている



結局今日1日 リョウはノートレードで終わった
冴子は¥500万の証拠金を¥540万にしている












第五話  憤り

















3週間後がたった





「リョウ!あなたやる気あるの? あれから取引回数たったの2回 どっちも微益撤退ってなに?   勝負を投げてるんじゃない? 」


「ん~、 どっちも微益だけど、見込みがないと思って引いてるわけだし・問題ないだろ?
 それとも、冴子お嬢は俺の考えが気になって仕方ないのかな?」 





(負け惜しみだわ)



心のどこかでいいしれぬ不安が胸の中にひろがっていた・・・





後編へつづく


にほんブログ村 為替ブログへ



comment

タイトル
続きが気になります・・・
タイトル
MACDってエッジがあるんですかね。。

知人から「とっておきの設定」というのを教えてもらいましたが、時間足に関係なく使えるよって添えられた時点で良くワカラなくなりましたです。

5月はトレード控え目です^^;

続きが気になる…

ハイレバだとストップ有り無しで危険度も跳ね上がりますよね
2012.05.27 20:59 | URL | ねもどん #- [edit]
ひまママさん
多分? 面白いとおもいます。 是非、読んで下さい♪
くらいそらさん
う~ん、どうでしょう? 個人的にはマネパのバイ・セル・ポイントは面白いとおもってますけど。 
好き嫌いがあるんじゃないでしょうか。
ねもどんさん
ありがとうございます。 つづきも読んで下さいね♪
ハイレバ運用はリスキーですからね。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。