名称未設78y1

アストロロジー

金環日食ブーム過ぎ去りましたねー、 奇跡の天体ショーなだけに経済効果が164億円程あったとか..
・・・凄いね!

ベイリービーズ見たかったな

金環日食の次は6月6日に金星が太陽面を通過する「日面経過」が見られるみたいですね

これは、太陽の表面を金星が通り過ぎる現象で、レア度では金環日食以上の天体ショーになるとの事

 金星の太陽面通過は、金星が太陽の前を横切る際、太陽の表面に黒い点として現れる現象。243年に4回だけ起こり、今年の次は105年後の2117年。6月6日午前7時10分~午後1時50分頃に観測できる


是非、見たいですね(ーmー)! 天文学は宇宙の神秘を感じさせます


ところで、相場には、アストロロジー(金融占星術)という分析があるのをご存知ですか?
私は良く知りませんが・・  直感的にオカルトっぽいイメージを抱いてます




o0739073511767517769.jpg


[アストロロジー]
テクニカル分析が、過去の値動きから相場の先行きを読もうとするのに対して、アストロロジーは、天体などの動きや互いの位置を確認し、その位置を過去のデータのパターンと照らし合わせて未来予想などに応用するもの いわば統計学の一種

ギャンの価値ある28のルール/ギャン・アングルで有名なウィリアム D. ギャン もアストロロジーによって相場分析を行っていたらしい

ギャンは私の中では投資家以上の存在 真面目な話、聖人に近い印象が強くあります
聖書を知り尽くして投資哲学に生かす って凄いよね...  真似できないでしょ


古くからこのアストロロジーを相場展望に応用して大成功を収めた偉人は数多く存在してる

ギャンもその一人 月・太陽・惑星の運行(=位置関係の変化)が、市場に強気相場と弱気相場を起こすという「金融占星術(ファイナンシャル・アストロロジー)」の概念を確立することに成功している

彼が提唱した有名な「ギャン理論」は、パターン・価格・時間の概念を根幹とし、この3要素を理論化するために自然のサイクルとアストロロジーの理論を応用しています

金融占星術が「高値や安値は一定期間で循環するという考え方」=「市場価格のサイクル理論」と相性がいいとされていることは確かなのです



※「サイクル理論」は、あくまで統計学的に見て「その傾向が強い」ということに過ぎません だからといって、あまり馬鹿にできないことも事実で、とりあえずは知っておいても損はないんじゃないでしょうか


__________


正直、アストロロジーに関してはこんな考え方もあるんだなー と言う印象・・ 色んな分析があるもんですね
確かにサイクルで見ると関係性があるのかもしれませんね

オカルトな話ですが自分は相場にグランドクロスがある(!?) という希望的観測を抱いてます
これは只のmy✡都市伝説ですが...

立証できる日が来るといいな..。



ブログランキング・にほんブログ村へ

comment

タイトル
こんばんは。
金環日食雲が多くて見れなかったです…。
金星食はぜひ見てみたいです。(^-^)
ゆうさん
ゆうさん、こんにちは。 自分も不覚にも見逃しました・・ 見れない地域にいたもので。
今年は天体ショー✡多いですね! 楽しみです
そろそろ火星に住みたいな。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fxtrade193.blog95.fc2.com/tb.php/197-62572b55
まとめtyaiました【アストロロジー】
金環日食ブーム過ぎ去りましたねー、 奇跡の天体ショーなだけに経済効果が164億円程あったとか..・・・凄いね!ベイリービーズ見たかったな金環日食の次は6月6日に金星が太陽面を通過する「日面経過」が見られるみたいですねこれは、太陽の表面を金星が通り過ぎる現象で?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。