スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出羽の天狗に迫る

酒田五法でおなじみ本間宗久について


日本が誇る相場師 本間宗久


本間宗久は今をさかのぼること280年ほど前、江戸時代後期の1724年(1717年の説もあり)に出羽国庄内(現在の山形県酒田市)にて生まれました。
生家は「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に」とうたわれた酒田の豪商で大地主、本間家です。宗久はこの本間家の初代当主・原光の五男として生を受けました。
 宗久が初めて相場を張ったのは、本間家二代目当主である兄の光寿から本間家の営業を託されていた時代(1750年頃)。本間家があった酒田は出羽米(今の庄内米)の一大生産地であり、宗久は当然のように米の売買と投機に手を出すようになります。

宗久は米相場の研究を始めて実践に移しましたが、買えば当たり、売れば当たりでわずかの間に数万金の利を得たと伝えられています。
その後、兄の光寿が世を去り、甥にあたる光丘が三代目当主となります。宗久は光丘とはからって大量の庄内米を売りに出す一方で、京都と大阪の米会所(米相場)を舞台に米相場に挑みます。当時の実家の本間家は二十五万石ともいわれた豪農でもあり、米の現物を背景にした上、作柄情報が刻々と入るという恵まれた環境に加え、宗久は天才的な相場師でもありました。
記録に裏付けられた合理的な作柄の豊凶予測とともに、大胆不敵で進退自在な攻防によって、仕手戦に花を咲かせ、連勝記録を打ち立てていきます。常勝腐敗の記録を打ち立てた宗久は巨万の富を築き、"出羽の天狗"と讃えられるまでになっていきます。

 関西市場を席巻して、相場の神様と騒がれた宗久は、いよいよ江戸へと乗り込みます。そして、ここでもスケールの大きな売買を展開し、天才的相場師の面目を発揮して空前の巨利を得ます。現在のお金にすると1兆円以上になるともいわれています。かくて、天才の名声と巨万の富を得た宗久は、江戸根岸に豪邸を構えて悠々自適の生活を送りましたが、晩年は幕府の財政指南役として相談にもあずかっていたといいます。


そして、その本間宗久の相場観を元に作られた必勝法が、ローソク足の組み合わせからチャートを読み解く「酒田五法」です。日本では欧米でチャートが生まれるはるか昔に、優れた罫線法を作り出されていました。
本間宗久は、その罫線に見え隠れする投資家の心理状態を読み、相場の必勝法を生み出していったのです。酒田五法は、本間宗久の相場伝を元にして、後世の人々が、わかりやすいローソク足を使った法則に変化させながら、発展していきました。
私たちは、酒田五法の普遍性を、今でもさまざまな酒田五法のパターンを、株価や為替、先物などさまざまなローソク足の中に簡単に見出すことからも確認できます。
 現在では、ローソク足自体もキャンドルスティックの呼び名で、世界中の投資家にとっても一般的なものとなりつつあります。



日本が誇るローソク足分析方 酒田五法とは

酒田五法とは、江戸時代、酒田藩の豪農の家に生まれ、米の先物相場で天才的な手腕を発揮した本間宗久が書き残した「本間宗久相場三昧伝」をもとに作られた罫線(ローソク足)の分析法です。 この酒田五法、宗久自身が著した「本間宗久相場三昧伝」が元になって作られました。この「相場三昧伝」は、本間宗久が米相場の中から探り出した相場の分析、投資心理、さらには人生訓までを箇条書きに著したもので、その著を参考にしながら後世の人が罫線の具体的な形にして名称をつけたものが酒田五法です。
 この酒田五法は、本間宗久が没して200年以上経った今でもチャートを見る上で重要なテクニカル分析手法のひとつとなっています。酒田五法で使っているローソク足やその組合わせの名称も、チャートを扱う書籍の中では、まったく違和感なく頻繁に使われています。酒田五法は、まさに日本が生んだ、チャート分析の古典と言えるでしょう。



酒田五法の大元となった「相場三昧伝」


米の商いで大切なことは仕掛けである。仕掛けが悪ければ何回やっても失敗してしまうものである。またここが買い時と思ってもあせらず、三日待つべきである。天井値・底値が出ない場合には、何ヶ月でも待つこと。



急騰急落で天井を形成した後、保ち合いが続き、人々が上放れすると動くと騒ぎ立て始めた時は、絶好の売場である。人の逆を行くのが成功の秘訣である。ただし、底値での保ち合いの後の上放れは買い乗せしていくべきである。

天井買わず、底売らず
これは相場の上では、第一の心得である。上がれば下がる、下がれば上がる。これを忘れると、どこまでも上がると思い天井で買いを入れたり、逆に底でも売ってしまったりするものである。強欲は張らずに思惑を断つことが大切である。


酒田五法投資の心得


一、機に待つに即ち「仁」  一、機に乗ずるに即ち「勇」  一、機に転ずるに即ち「智」


江戸時代、本間宗久によって編み出された酒田五法のうちでも上に書かれた三つの心得は、「三位伝」と呼ばれ、酒田五法の中でも秘伝中の秘伝として、伝えられています。その意味を読み解いてみましょう
 「仁」とはチャンスが来るまで努力して待つということ。そして、絶好のチャンスが来たら果敢に乗るのが「勇」であり、柔軟な対応ですぐに考えや気持ちを切り替えることが「智」となります。投資には、以上の3つが不可欠であると本間宗久は説いています。
 宗久が残した書物の内容は投資の技術だけでなく、相場の心得や哲学、人生訓に至るまで幅広く網羅しており、現代にも通用する名文が随所に登場しています。



一、商い利運仕当たる時、先ず大概に致し、取り留むるものなり。
その節一両日休むべし。この休むを忘るる時は何程利運に向きても、商仕舞いの節は決して損出べし。

相場が思い通りに運び、利が乗ったときには、適当なところで手仕舞いをして、相場を冷静に見つめるために一両日は相場を休むことが大切。休むことを忘れて利を得ようとあせると、結局最後は損を出すことになる。


二、われ強気の節は人も強気を思うべし。われ弱気の節は人も弱気に片寄るなり。

自分が強気のときは、他人も強気になるし、自分が弱気になるときは、他人も弱気なるもの。こんなときは、三日間待って、人とは逆の行動を取るのが、相場(米相場)の極意。人と同じことをやっていたのでは、成功を手にすることはできない。


三、我一分の了見にて売り買い決して致す間敷くなり。三位の伝を表にし、立羽を極め、売買の内、一方を立て抜くべし。

自分の軽々しい判断で売買を行ってはならない。三位の伝に照らし合わせ、相場の状況(立羽)を考え抜き、方向が決まったら、買いか売りかどちらか一方を徹底的に行う(立て抜く)こと。




このように本間宗久は、相場の具体的な見方だけだなく、相場の心理や相場に対する心構えにいたるまで、考察していたことがわかります。当たり前と思う方も多いと思いますが、それを思うように実行できないのが、今も昔も相場の怖いところです。
 酒田五法は、ローソク足の分析手法ですが、ローソク足には相場を張る人々の心理が凝縮されて表れたものです。
 ぜひ、酒田五法を学んで、ご自身の投資に生かしてください。
 ただし、本間宗久も言っていますが、相場は生き物、くれぐれも酒田五法だけに捕らわれることには注意してください。様々な角度から相場の行方を確認する冷静さを保つことが、酒田五法の教えでもあります。


酒田五法を詳しく知りたい方は此方


その他のローソク足

羽黒法    新値足    コマ足




因みに私がローソク足を見てエントリーする時は酒田五法のみではまず、エントリーしません  理由はダマシだらけになるからです

ローソク足と己のテクニカルを組み合わせて仕込みます  スキャルをやる場合も15分足以上のローソク足で判断する方がノイズが低減するでしょう。


酒田五法なんて、もう古いよ・・・ なんて思ってる方もいるかもしれない 


しかし..! ローソク足は足形だけでは無い ローソク足トレードの真の意味は値動きの微妙な強弱を測り 方向性を読み取る事にある



キャンドル信者の永遠の灯 酒田五法  変わらないキャンドル愛は極上なトレードへのスパイスなのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

- 2 Comments

トラリピッグ  

タイトル

過去の偉人が発する言葉ってなんでこんなにかっこいいんでしょうねー
艶があるというか深みがあるというか
現在の巷に溢れる言葉にはないものを感じます

2012/05/15 (Tue) 17:18 | EDIT | REPLY |   

クロスライン  

トラリピッグさん

こんばんは✡ 偉人様のお言葉は痺れますねー ゾクゾクきちゃいます
本物は時代が変わっても色褪せないですね。

2012/05/15 (Tue) 19:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【出羽の天狗に迫る】
  • 酒田五法でおなじみ本間宗久について日本が誇る相場師 本間宗久本間宗久は今をさかのぼること280年ほど前、江戸時代後期の1724年(1717年の説もあり)に出羽国庄内(現在の山形県酒田市)にて生まれました。生家は「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に」とう?...
  • 2012.05.15 (Tue) 21:25 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。