名称未設78y1

マーケットプロファイル

fxcross名称未設定-1

マーケットプロファイルとは、1981年にピーター・スタイドルマイヤー(J.Peter dlemayer)氏によって考案されたマーケット分析手法の一つ。もともとミニマムトレンドという指標がベースになっている。

この技法は、もともと先物取引所で、スキャルピングやデイトレードなど、短期売買をするフロアトレーダーのために開発された。

1日の値動を一定の時間単位での取引価格帯ごとにデータ集積し、その分布状況を分析対象とする。各時間帯ごとに売買のあった価格をABCなど特定の文字に置き換え、積み重ねることによって、その形状からポジションの偏りや方向性を分析する手法。
株式の場合は30分ごとにデータを蓄積することが多い。
形状によってノーマルデー、ダブル・ディストリビューションデー、トレンドデーなどがある。
ノーマルデーはその日の取引価格帯の中央部分が盛り上がる釣鐘上の形状(ベルカーブ)となり、一年を通じて往々にして現れる。
ダブル・ディストリビューションデーはプロファイルの山が2つ描かれる形状で、ノーマルデー展開から、レンジを移行していく時に形成される場合が多い。
そして、トレンドデーはダブル・ディストリビューションデーと同様の形状をしているが、レンジが上下に修正された形状となっている。最も、取引が集中した価格帯(ベルカーブの頂点)をモードといい、取引が集中したが故に、次の局面では抵抗体ともなりやすい。

また、基本的な戦略にIR(イニシャル・レンジ)ブレイクという戦略がある。これは、取引開始から一定時間後、株式であれば、寄り付き後1時間の間のレンジを上下どちらかにブレイクした時をシグナルとして追随する戦略などがある。モードを中心に約70%を占める価格帯をバリューエリア(VA)とし、そこを抵抗帯として意識する戦略などもある。


mp-219x300.gif   mp2-300x234.gif



国際決済銀行(BIS)によると、世界の為替取引は1日推定4兆ドル(約340億円)といわれる。

ただし、その中心は「インターバンク」と呼ばれる相対取引のネットワークであり、株式や先物のように「取引所」ではない。そのため、取引所が私たちに提供する重要なデータである「出来高」が、FXには存在しないのだ。

出来高は、一般のトレーダーには無視されがちな情報である。しかし、市場参加者が本能的に考えている「節目」と「勢い」を示唆してくれる貴重なデータだ。値動きと絡めて分析することで、さまざまな売買アイデアを提供してくれる大切な手がかりとなる。それが、FXにはないわけだ。

マーケットプロファイルなら「どの価格に出来高があるか(ないか)」、その形状から一目で分かる。しかも、相場のモメンタム(勢い)やトレンドがつかめ、その後の展開を予測し、対策を立てることもできるのだ。

出来高が多いということは、取引で成立した数量が多いということ。そして成立した数量が多いのですから、売買が活況であったと考えられます。

このとき売買をした大多数の人は、その価格帯が売買に適正だと感じたからこそ参加したはず。多くの人がその価格帯を意識して動いていると予測されます。

したがって、出来高の多い価格帯は値動きの「節目」となりやすいといえるのです。相場の転換点、上値抵抗、下値抵抗を読み取ることができます。

株式や先物の取引所では、価格だけでなく、この出来高も情報として提供されるのが普通です。しかし、FXは株式や先物と比べ物にならないほど巨大な市場であり、取引の主流はOTC(Over The Counter)つまり相対取引。

取引所を介さずに、当事者同士(FX会社と個人トレーダー、大手銀行同士など)で価格、量、方法を決めて取引します。したがって、正確な出来高は誰にも分かりません。

ところが、マーケットプロファイルなら、このFX市場の出来高を推測できるのです。その形状を見れば「もっともたくさん取引された価格帯はどこなのか」がひと目で分かる。












プロファイルによるトレーディング  トレードとは分析するという事 

自分が日々分析しているローソク足トレードも稀にだが値動きのルートが見える瞬間がある 決して後付けでは無く、一定のポイントの分析を行う事によって読める瞬間があるのだ  これは、馬鹿馬鹿しい話かもしれないが.. ...

分析も何もしないで相場に入るのは金をドブに捨ててる様なもの  お金が無限にあるのならそれでもいいが、 私はそんなに裕福では無い

自分の将来の為、そこに生き甲斐を見出せるから常にチャートを分析している。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fxtrade193.blog95.fc2.com/tb.php/183-676c6a16
まとめtyaiました【マーケットプロファイル】
マーケットプロファイルとは、1981年にピーター・スタイドルマイヤー(J.Peter dlemayer)氏によって考案されたマーケット分析手法の一つ。もともとミニマムトレンドという指標がベースになっている。この技法は、もともと先物取引所で、スキャルピングやデイトレードなど、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。