名称未設78y1

ドルカナダをショートするもパッとしない二日間

昨日からUSDCADをポジってたのですが素直に下落しませんね
丸の中でショート参戦 1回切らされました*’A`∞)
USDCAD_20121023174249.jpg

スポンサーサイト

ライン分析の極み

フィボナッチ・ファン ライン
フィボナッチを使ったテクニカル分析の一種。
フィボナッチを使ったテクニカル分析は縦軸(値幅)に対してのみフィボナッチを適用するのが一般的ですが、フィボナッチ・ファン ラインは、縦軸(値幅)+横軸(時間)を取り入れたテクニカル分析

 ファンラインとは
期間中の高値・安値を結んだ線から算出される、3本のフィボナッチ・リトレースメント
で、ファン(扇)のように見えることから、ファンラインと呼ばれます。
 ファンラインの引き方
1期間中の極端な水準(高値・安値)を選択します(例:安値87.10円と高値101.45円)
2高値から安値、安値から高値を連結すれば、3つのファンラインが描かれます
32番目の極端な水準(高値101.45円)に垂直な線が引かれ、3つのファンラインは、フィボナッチ・リトレースメント(38.2%、50.0%、61.8%)になります

GBPAUD売り準備中↓

そろそろ、本格的に相場を見ていこうと思ってるクロスラインです
どうでも言い事なんですが昨日、海外口座ハイレバで荒稼ぎしている夢を見ました(爆!)
スキャルピングで...... 先月はスキャルとデイトレを組み合わせた手法で少し稼げましたが
永遠に使える物ではないですね、はっきり言って。 。

手法というものは自分の性格を知り尽くして使わないといずれボロを出すでしょう
何故ならメンタル管理が出来ていないとこの世界で生き残るのは難しいからです........

チャンネルライン+MACD

こんばんは✡ さっきまで爆睡してたクロスラインです(-。-)z-zZ yo_!

テレビが勝手に録画した中居正広さん主演の映画(仲間由紀恵さんとか出てる)
"私は貝になりたい"を見てました
なんだろうね~この映画・・最後にハッピーエンドか♪とか思ってたら
気分がドンヨリしましたょ..
どうも日本映画とは相性悪い(-。-)

・・・円安ですね
クロス円が水を得た魚!です
東京市場~ロンドンにかけて円売り優勢 ドル円は1ヶ月ぶりに79円台にきました

今週に入ってからのドル円の上昇は、14日の米小売売上高が4カ月ぶりプラスになったことで
追加緩和観測が後退、米長期金利が上昇したことがきっかけ
米経済指標に対する注目度が高まるなか、昨日15日に発表されたNY連銀製造業景気指数や
消費者物価指数は予想を下回った。一方、鉱工業生産と住宅市場指数は強い結果
まちまちの結果ではあったが、米長期金利は再び上昇しドル買いの流れが持続している
東京市場でも米10年債利回りは一段と上昇、1.85%台に乗せている
(Klug) 


円高なんじゃ?と思われてた裏をかいてくるんですね相場は
自分はFX歴が3年経ってないんで「お盆は円高」っぽい、
てな通説が良く分からなかったです
だとしても、予想はせず・現在のアクションに合わせるだけですが


さて、私が過去によく引いてたのがチャンネルライン
MACDと組み合わせてました
何故・MACDなのかは分かりません....
チャンネルラインもピンボールの様に弾けた動きしてないとあまり意味無い気がします
チマチマした動きのチャンネル引いても ブレイク待ち?的な
そうして見るとポンドルがばっちり決まってますね

eedr.jpg

基本・チャンネルの方向に合わせます MACDは0ラインを基準に判断(0ライン上で買い)
逆張りで使うなら、 チャンネル上限/下限付近 MACDのクロスで判断
もちろん・ローソクもね

テクニカルなんてのは どのテクニカルも使えるパターンが必ず存在します
相場によっては向き不向きがありますよね
好調だったEAが相場つきが変わってドローダウンの嵐みたいな?
不調だったEAが段々 成績アップ↑とかね

相場に合ったテクニカルを使い分けるのも必要なんじゃないでしょうか

強い者や賢い者が生き残ったんじゃない
 変化に適応した者が生き残ったんだ!

 ガラパゴスでしょ(ー_ー)!!

現在丑三つ時ですが、もう少しチャート眺めて寝ます
お休みなさいまし♪zzZ



  ブログ村に飛ぶょ♪
kawase名称未設定-1

フーサイン・ハーネカーに学ぶFX投資

今日はフーサイン・ハーネカー氏について書いてみようと思います 
フーサイン・ハーネカーはネット難民から1000$を元手にミリオネアにのし上がった人物です


1000$からですよ? 10万円にも満たない資金からて凄いですよね

ハーネカー氏のトレードスタイルは 1日1回のみトレード 利益確定10pips ストップ20pips と言う鉄のルールで決められてた模様....
しかし、ここで疑問に思いますよね?
リスク・リワードが逆だろ? と... ですが、事実このスタイルで資金を増やしてる訳ですから余程勝率の高いポイントでしかエントリーしなかったという事でしょうか

ストップが20pi 1日負ければ当然その日はトレードしない 、なかなか真似できるものじゃないです
殆どの方は負ければその日の内に取り返そうと思いますから

ハーネカー氏は自身のトレードから負けトレードを少なくすることが最も大事であることが分かっていたのです


そして彼の堅実なトレードはエントリールールから垣間見る事ができます

デモ口座を3回連続で3倍にするまでは実戦はしない
経済指標時はトレードしない
6~7pipsいったらもう一回チャートをチェックして逆に行きそうな雰囲気なら10pips待たず利確
取引通貨はポンドルとユロドルのみ?
シグナルは30分足
移動平均線を中心としたテクニカル
取引時間をあらかじめ決めてある
負けたトレードを分析する

システマティックですね・・・ ホントにシステムトレードなのでしょうか
特にデモ口座を3回連続で3倍にするまでは実戦はしないてのはかなり堅実ですよね
少ない資金から始めたからでしょうか、絶対に増やすぞ!て意思が見られます

例えるなら石橋を3回叩き壊してもっと頑丈にしてから渡る~と言った感じでしょう
もともとFXはデモで勝てて初めて実弾投入する投資なのかもしれませんね

フーサイン・ハーネカーのトレードスタイルは理論派のトレーダーから見ると真逆のスタイルなのかもしれません

しかし、ハーネカー氏の様な堅実派のトレーダーが成功を収めてるというのは多くのトレーダーの道標となるのじゃないでしょうか。




フーサイン・ハーネカーじゃないですけど 1日5ピプス/10ピプス/20ピプス取ります! と言ってる方がいっぱいいますけど、納得です
当たり前ですけど 期待収益率を損失<利益にコントロール出来ないと不成立ですが.....

と言う訳でフーサイン・ハーネカーの手法を実践してみることにしました(オィオィ..!)
・・・それは大げさですが彼を見習って堅実的なトレードを裁量システム的にやってみます(一時)

こんな感じ↓

エントリーは1日2回~6回程度/利確?pips損切り?pips/経済指標時アリ(正し、動きに追随するのではなく・ポイントに来たら仕掛ける)/取引通貨複数/取引時間は欧州時間がメイン/
オーバーナイト週持ちこしアリ/
シグナルはローソク1時間足SRを背景にしたプライスアクションともう一つ/推定勝率は95%

勝率が高いだろ、と突っ込まれそうですが 勝率を上げる方法は確かにあります
動きが明確な時にエントリーし外れ(負け)に変わる前に利益確定する
明らかに機能してるSRで仕掛ける
もし、逆行してもその位置まで戻る確率が高いポイントで仕掛ける
1回のトレードで最大値を求めない(ここで言う最大値とは1日に欲しいピプス)


この四つです! 
これらを踏まえたうえで取引通貨を絞るとドル円が一番勝率が上げやすいです(と、私は思う・・)
実際、フーサイン・ハーネカーの様に鉄の意識付けによってトレードする事によって確かに勝率は上がりました
私の場合・まぐれの可能性が高いですが・・・・

uiy無題


因みに、このトレードは勝ち逃げを大前提とし・逆行しても戻る率の高いポイントでしかエントリーしてません
もう少し検証してみたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ   ⇐押すべし




dds無題


ハイフリークエンシートレーディング

HFTは「High Frequency Trading」の略で、コンピュータを証券取引所のコンピュータに「直結」し、ミリ秒 (milli second、ミリセック)、つまり千分の1秒オーダーかそれ以下で自動で売買を行なうこと、またその手法。

欧米ではすでに取引の中心は「ミリ秒」を切って「数百マイクロ(μ)秒」の世界に突入しています。
(1マイクロ秒は、百万分の1秒)

パーフェクトエントリー

先日のポジションは2ポジ建値切り/1ポジ(USDCHF)保有 別通貨1ポジ仕込み、となってます

それにしても・・・29日の動きには驚かされましたね
メルケルちゃんのお陰ですね~!  流石は首相です

1200億ユーロ規模の成長戦略、ESMによる銀行への直接資本注入、ESMによる国債購入に含み・的な?
よく分かんないけど、^-^
ユーロは急速に買い戻され、資源国通貨も急激に跳ね上がりました

私はと言うと...フィボの61.8% サポート確認で豪ドル買い増しを目論んでいたのですが
急激にローソクが伸びてSMAを突っ切ったので躊躇わず買い入れました 滅多にピラミッディングをしない自分でもこの動きは美味しかったと思います
少し経ってから情報を確認したのですが納得でしたね 
私にとってはテクニカルとファンダが一致したまさにパーフェクトエントリーでした



初期の豪ドルポジションは当分保有するので高値を超えた付近で利確してます

ppolk名称未設定-1


ddss.jpg



USDCHFも良い感じで下落しました マグレって怖いなぁ..

本酔君はなんだか奇妙な足形になっちゃってるんで(千鳥足?)もうちょい、様子見ようかな
素直に下がらない気がするんだよね

今週も最後に良い思いが出来たので来週も利益がついてくるポジションはしっかり育てたいと思います
自分の場合、週明け持ち越しするのは己のテクニカルに従って保有するので全然OK

窓埋めトレードもしないし 窓開けてどうたら~的な戦略もないんですね
ポジションを取ったら、切るか 納得いくまで伸ばすか二つにひとつ それだけ
分かりやすいでしょ?

反転して利益がパーになったら所詮・その程度のポジションだったって思えばいいんじゃないですか?
それで悔むようならまだまだ自分のテクニカルがクソ甘いってことですよ

自分のテクニカルも磨く余地が残ってます ...FXは勉強し甲斐がありますね。


それでは..よい週末を✡





ブログランキング・にほんブログ村へ

GMMA

こんにちはぁ-台風が遠のいてホッと一息ついてるクロスラインです(-。-)

~最近の私のトレードは2本のSMAとラインに複数時間足/フィボでエントリー判断することが多くなってます
それと、ファンダメンタルに基づいた通貨選び

よく、一つの通貨に絞ってどうたら~的な理論を聞くけど自分はガン無視! それって、そんな有効なの?的な..
その通貨がもし、数カ月しょーもないボラだったら稼げないでしょ....ってなるよね



今日はあちこちで見かけるGMMAについて探る..!



GMMA(複合型移動平均線)チャート

Daryl Guppy氏により考案された、12本の指数平滑移動平均線(EMA)を同時に表示する手法

"Guppy Multiple Moving Average"、略してGMMA 


GMMAは、市場参加者を「短期投機組」と「長期投資組」と分け、それぞれのコストを6本ずつの指数平滑移動平均線で表し、投機組と投資組の関係や移動平均線の状況によって、マーケットとトレーディングの判断材料にすることができる

GMMAがユニークな点としては、移動平均線のみが判断基準となり、値動きそのものの分析が不要なこと

GMMAは、相場が方向感を失ってレンジ内推移を続けていると判断の難しい指標ですが、トレンドが発生している期間では、そのトレンドの状態や方向、強さなどを判断するのに効果的なテクニカル指標です

12本の指数平滑移動平均線(EMA)を短期グループと長期グループとにグループ分けして、短期グループをブルー系統、長期グループを赤系統に色分けして表示することで、トレンドを視覚化しているところに特徴がある

imgmma01.jpg

移動平均線の代表的な分析方法にゴールデンクロスやデッドクロスがありますが、GMMA(複合型移動平均線)では各グループ内のラインの交差は売買のタイミングと判断せず、ラインや2つのグループの位置関係や形状からトレンドの性質や状態を判断します


1.青色 = 3, 5, 8, 10, 12, 15 の6本 = 短期スパン
2.赤色 = 30, 35, 40, 45, 50, 60 の6本 = 長期スパン

青色のグループは短期スパン、赤色のグループは長期スパンのEMAグループ
これら2つのグループを「短期=投機筋・トレーダー」、「長期=投資家・インベスター」として考えます


※短期EMAの集合体と長期EMAの集合体の内では、それぞれのEMA同士のクロスをみて判断はしないこと



青(短期)と赤(トレンド)の位置関係でエントリータイミングを測る感じですね
確かにビジュアル的には申し分ないですね! 使わないけど・・・・


様々な移動平均にはまだ、マーケットさえも気付いてない関係性が隠されているのかもしれません。




こちらがクロスラインオリジナル星空Zz-Ma
imma01.jpg


このチャートを見たものには幸運が訪れるでしょう...。
それでは♪





ブログランキング・にほんブログ村へ

ディナポリはナポリタンとは違う

最近、ディナポリって言葉を知りました ナポリタンの種類だと直感しましたけど違うようですね
サクッと調べたので載せます


■遅行指標
現在の相場がどのような状態にあるかを確認するための指標
移動平均線やストキャス、RSIなどがそれにあたり、算出するのに現在を含め過去のデータを用いる
これらの遅行指標を分析し、明確なトレンドが確認できたのであれば、それも先行指標なりうると考えられる

■先行指標
先行指標とは、言葉のごとく、先を読む指標です。相場がそこにたどり着く前に、どこに支持線や抵抗銭が現れる可能性があるかを示しくれます


ご存知フィボナッチリトレースメントは先行型ですね



元祖フィボナッチトレーダー/ ジョー・ディナポリ氏が使う方向性指標とフィボナッチを組み合わせた手法
(私はディナポリ使いでも特に詳しい訳でもないので 疑問のある方はご自分で調べて下さい)

ディナポリの本が出てる様ですが結構、難解みたい



ディナポリレベル(D-levels)

ディナポリ氏は長年のフィボナッチ分析において、トレードに役立つと結論づけた所だけを抜き出して使用している
↑↑ 完全っにフィボナッチ狂の教祖です\(◎o◎)/


38.2% と61.8%を水準を使っているようですが、単にそこだけ...では無さそうですね



ディナポリのMACD+ストキャスティックスのコンビネーション

■ディナポリのMACD+ディナポリのストキャスティックス
 +フィボナッチリトレースメント

1.上昇トレンド(MACD買い)にある押し目(ストキャスティックス売り)をフィボナッチ水準で買う

2.下降トレンド(MACD売り)にある押し目(ストキャスティックス買い)をフィボナッチ水準で売る

この手法は、先行指標であるフィボナッチ水準と遅行指標であるMACDとストキャスティックスのコンビネーションであり、ディナポリ氏が相場の動きに対して『安全に』に対処できる方法であると自負しているほどです



パワーシグナルと呼ばれる方向性指標


パワーシグナルとは、非常に勝率の高いシグナルのこと
最も難しいのは、方向性指標は示現されるのを待つこと

ディナポリ氏の論ずる方向性シグナルの背景にある考え方は、大衆に追随すのではなく、むしろこうしたパターンプレイヤーが間違いを犯す時を見定めているのです。
大半のプレーヤーは同じものを読み、同じ時にパニックに陥り、そして耐えきれなくなって手仕舞うのです。この時こそディナポリ氏の方向性指標は、最も効力を発揮するのです



『パターンフェイラー』
パターンフェイラーはその用語の通り、典型的な誰もが知っているパターンが崩れた時のことを言います。(例えば、ヘッドアンドショルダー(三尊型))
典型的なパターンが崩れた時、大衆はこぞって手仕舞うか、崩れた方向にポジションを取るでしょう。しかしながら、そういう腰の引けたプレーヤーを狙って《だまし》を行うのは大口の常套手段です。その大口に乗るのがパターンフェイラーの神髄とも言えます

ただし、パターンフェイラーの重要なポイントは、発生してから仕掛けることです。未確認のシグナルとして仕掛けないことです。典型的なパターンに逆行し、トレンドに逆らうことはあまりに無謀です。ただの値頃感からのカウンタートレードになりかねない


ディナポリのパワーシグナルはどうやら様々なパターンがあるようで、難解なのでここでは載せません

GFTにディナポリのインディケータが使えるみたいです→ http://www.gftforex.co.jp/Analysis-Tools/Dinapoli/



ここからは私論ですが前にも記事で書きましたけど、 動きが明確なときには別にフィボナッチは表示させることはないです
何故なら ローソクの値幅でどの程度の戻しなのか目視でわかるからです
フィボナッチを表示させるときは 相場が方向性を無くしてる期間が長い時が多いです

方向性が無い(レンジ)期間が長ければ長いほど反動が期待出来ますからね.. そこをフィボの38.2%/50%/61.8%で確認し、ローソクのプライスアクションで合わせる訳です






908.jpg

今回の豪ドルのような強い動きの場合、特にフィボの押し目は威力を発揮します 61.8%で綺麗に押し目となってますね
移動平均線とローソクにフィボナッチを組み合わせると信頼度が増すと思います。



それでは...この辺で..。



ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。